アドセンス記事で上手な文章を書くたったひとつの方法とは?

目安時間:約 3分

文章を書く女性

先週、先々週とアドセンスの記事をいかに早く書くか
そのコツを続けて紹介してきました。

※読み飛ばした方はバックナンバーでご覧ください。

[blogcard url=”https://adbeginners.com/tips-for-writing-articles-early/”]

[blogcard url=”https://adbeginners.com/parting-work/”]

この2つさえ意識すればぐっと記事書きのスピードがアップすると思いますが、いくらスピードが早くなっても一緒にアップしないのが「文章力」ですね。

記事の書き方において究極のテーマが

上手な文章の書き方

になりますが、こればかりは私も分かりません。汗

そもそもアドセンスに上手な文章って必要?

ただ、ただですよ。

そもそもアドセンス記事に上手な文章が必要かと言うと、はっきり言って必要ないと(私は)思います。

アドセンスの記事というのは、情報提供を目的としていますので
情報さえ読者に伝えることが出来れば、それで目的は達成されます。

読者は美しい文章や読んで楽しい文章を求めて訪れるのではなく

「答え」を求めているだけ

なんですね。(極論を言えば)

ですから、アドセンス記事に求められる文章とは

  • 「答え」がはっきりと伝わる文章
  • 一回読んだだけで意味が伝わる文章

なんだと思います。

何度も嫌になるくらい「書き直せ」

私がこのメルマガを書く時、そしてアドセンス記事を書く時に最も意識するのは

一回読んだだけで意味が伝わるだろうか?

ということです。

そのためには文章を書いた後に読み返し、分かりづらい部分を書き直して何度も推敲を繰り返すだけです。

あの村上春樹もこうアドバイスしています。

とにかく何度も嫌になるくらい「書き直せ」と。

たしかにそうだよなぁ、と思います。

私たちは小説家になろうというわけじゃありませんが、文章を書くという意味では大枠で共通項があります。

アドセンスの記事にそんなに時間はかけられないのは分かりますが、書き上げた記事を頭から読み直し、分かりづらいところを修正し、また読み直して修正・・・・という作業を数回は繰り返すといいですね。

私も時間をかけて推敲することで、いくらかマシな文章にかろうじて仕上げています。笑

最初はひどかった文章も時間をかければかけるほどマシになるのは事実ですから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【今だけ】アドセンスブログ(実物)を公開中

今ならメルマガに登録していただくと、そのメルマガ内にて

私が作ったアドセンスブログの実物(URL付き)

を限定公開しています。

また、特別に私も愛用中の非常にクリック率が高い

『FC2ブログとSeesaaブログ用のアドセンス用テンプレート』

もプレゼントいたします。

メルマガではアドセンスで単価が高いジャンルの探し方などこのブログでは書きにくいことも包み隠さず暴露しています。

メルマガの登録や購読は、もちろんすべて「無料」!

登録は下の登録フォームに

・姓(名字)
・名(名前)
・メールアドレス

をご入力ください。

※姓・名ともハンドルネームなど
本名以外での登録でもかまいません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガへのお申し込みはこちらから









広告

コメントは2件です

  1. 田中耕太郎 より:

    よろしくお願いします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
広告
記事の検索はこちら
このブログを書いている人

・2010年10月よりアドセンスを開始

・2015年6月に1ブログで30万円超えを達成

くわしいプロフィールはこちら

最近の投稿
【必読】アドセンス初心者が知っておくべき知識10選
カテゴリー
タグ
お問い合わせはこちらから

聞いてみたいことがあれば、お気軽にメールをください!

ブログに投票をお願いします