ライバルが狙うキーワードをツールを使って丸裸にする方法

目安時間:約 3分

調査

前回の記事では
キーワードの検索需要はどれくらいか?
この明確な数値を調べられるツールを
ご紹介しました。

[blogcard url=”https://adbeginners.com/search-demand-survey/”]

以前は、これがGoogleの
「キーワードプランナー」を使用すると
正確な数値が出ていたので
キーワード探しで重宝していたんですが
無料では表示されないとなってからは
ほとんど使うことがなかったんですね。

そんな折、久しぶりに触れてみたら
「こんな使い方もあったのか」という
ちょっと変則的な使用方法があったので
それを今回をご紹介したいと思います。

ライバルが狙うキーワードが丸わかり

一度や二度は必ずライバルサイトが
どんなキーワードで記事を書いているか
調べてみたこと、ありますよね?

そんなときは、
サイドバーの「人気記事の一覧」を見たり
「サイトマップ」を見たりなど
ざざっとしか調べないですよね?

これだと断片的に
「あ、この話題いいかも」くらいに
細切れの情報しか拾えないはず。

そこでキーワードプランナーの出番です。

キーワードの検索需要を調べる際は
「宣伝する商品やサービス」欄に
調べたいキーワードを入力しますが
今回使うのはその下の欄の
「ランディングページ」のところ。

キーワードプランナーの画面

ここにライバルサイトのURLを入力し
一番下の「候補を取得」をクリック。

するとそのサイトが
どんなキーワードで記事を書いているか?
これが一覧で表示されるんです。

検索ボリューム一覧

「ああ、こんなキーワードもあるんだ」
っていう発見がちょこちょこあり
しかもおおよそ検索ボリュームも分かり
まさに一石二鳥ですね。

※もちろんキーワードを
丸パクリするのではなく
ヒントを得るための手段です。

上の欄にある「ダウンロード」から
エクセルのファイルとして
このデータが保存できますので
後でじっくりキーワード選定のヒントに
参考にさせてもらいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【今だけ】アドセンスブログ(実物)を公開中

今ならメルマガに登録していただくと、そのメルマガ内にて

私が作ったアドセンスブログの実物(URL付き)

を限定公開しています。

また、特別に私も愛用中の非常にクリック率が高い

『FC2ブログとSeesaaブログ用のアドセンス用テンプレート』

もプレゼントいたします。

メルマガではアドセンスで単価が高いジャンルの探し方などこのブログでは書きにくいことも包み隠さず暴露しています。

メルマガの登録や購読は、もちろんすべて「無料」!

登録は下の登録フォームに

・姓(名字)
・名(名前)
・メールアドレス

をご入力ください。

※姓・名ともハンドルネームなど
本名以外での登録でもかまいません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガへのお申し込みはこちらから









広告

コメントは2件です

  1. かめきち より:

    こんにちは。
    アドセンスのことはまだ理解できてませんが
    詳しく教えていただいてありがとうございます。
    参考になりました。

    • shimizu より:

      かめきち様、はじめまして。
      アドセンスはシンプルな仕組みながら
      最初は分からない用語や決まりなど
      たくさんあるかと思います。

      その理解の一助に
      このブログがなれれば幸いです。

      またお越しください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
広告
記事の検索はこちら
このブログを書いている人

・2010年10月よりアドセンスを開始

・2015年6月に1ブログで30万円超えを達成

くわしいプロフィールはこちら

最近の投稿
【必読】アドセンス初心者が知っておくべき知識10選
カテゴリー
タグ
お問い合わせはこちらから

聞いてみたいことがあれば、お気軽にメールをください!

ブログに投票をお願いします