アドセンスのRPMとは?その意味と平均を調べてみた!

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

RPMとは?
アドセンスでよく使われる言葉のひとつ「RPM」とは、なにを指しているか知っていますか?

アドセンスの収益性を確認するのに大切な指標のひとつなので、きっちりと意味を把握しておきましょう。
 

RPMってどういう意味?

RPMは「Revenue Per Mille」の略なんですが、これを日本語で言えば「インプレッション収益」となります。でもインプレッション収益では何のことかさっぱり分からないのでアドセンスの公式ヘルプで調べてみると

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

出典:AdSenseヘルプ「インプレッション収益(RPM)」

このように解説されています。・・・・・・ますます分かりませんね。笑

これを分かりやすく私なりに翻訳すると

広告が1000回表示されたときの収益

となります。これなら分かりますよね?広告が1000回表示されるというとことは

PV(ページビュー)が1000回あるということ

と同義です。

ですから、もしご自分のブログのRPMが¥300と表示されていたら、それがブログのPVが1000回だった場合の「予想収益額」となるわけですね。
 

RPMの数値で分かること

では、一体このRPMの数値からどんなことが分かるかというと、

そのブログの収益率の水準

なんです。当然ながらRPMが¥300のブログよりRPMが¥500のブログのほうが効率よく稼げている(収益力が高い)と分かるわけです。

また、いま1000PVしかなくても将来的に1万PVに増えるなど

PV数が増加した場合の収益

がRPMの数値から想像できるわけです。現在、RPMが¥300なら1万PVになったら¥3000になるというふうに。
 

RPMの平均はどれくらい?

気になるのは他の人がどれくらいのRPMで、自分はそれと比べて高いのか低いのかということですが、一般的なRPMの平均は

¥200~¥300

だと言われています(どこまで根拠があるのか分かりませんが)

ちなみに私の過去6年間ほどの平均は600円台半ばでした。

アドセンス管理画面

正確な数値の公開はアドセンスのポリシー違反になるので、ぼかした数値になっていることをご容赦ください。

ここまでのまとめ

このようにRPMは高いに越したことはないのですが、意図的にRPMだけを上げようとするのは難しいというか、的外れです。

RPMはあくまで結果の数値です。CTR(クリック率)とCPC(クリック単価)の数値が高くなることで自然とRPMも上昇しますから、RPMを高めようとするならCTRとCPCのアップに注力するのが近道です。
 

【今だけ】アドセンスブログ(実物)を公開中

今ならメルマガに登録していただくと、そのなかで
私が作ったアドセンスブログの実物(URL付き)を限定公開しています。

また、FC2ブログとSeesaaブログのアドセンス用テンプレートもプレゼントいたします。

アドセンスで単価が高いジャンルの探し方など、ブログではお伝えできないことも書いてますので、ぜひぜひ読んでみてください。

もちろんすべて無料です!

 メルマガへのお申し込みはこちらから








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
このブログを書いている人

・2010年10月よりアドセンスを開始

・2015年6月に1ブログで30万円超えを達成

くわしいプロフィールはこちら

よく読まれている記事
タグ
お問い合わせはこちらから

聞いてみたいことがあれば、お気軽にメールをください!

ブログに投票をお願いします